おまとめローンの審査で最も重要なのは「時期を選ぶこと」

おまとめローンを利用する場合、必ず「審査」というものに通過しなければなりません。ではこのおまとめローンの審査に通過するにはどうすれば良いかということなのですが、最も注意すべきなのは「おまとめローンに申し込む時期」です。

 

おまとめローンというのは、現在利用している借入をひとつにまとめるローンのことなので、おまとめローンの審査でも当然ながら「既存の借入」についての利用状況が確認されることになります。そのため、たとえば借入の利用を開始した直後にすぐおまとめローンの申し込みをしても

 

「実績」が確定されていないためおまとめローンの審査に通る可能性は極めて低い

 

といえます。少なくとも既存の借入に対しては1年以上の利用をしたうえでおまとめローンの利用を検討した方が望ましいといえるでしょう。同時に、もうひとつ注意したいのが既存の借入に対して滞納などがあった場合です。

 

消費者金融や銀行などでお金を借りた後、返済に滞納があれば「遅延損害金」が発生し、通常よりも多くのお金を支払う必要があります。ただし、この「遅延損害金」という考え方は「お金を払えば良い」というものではなく、「延滞した」という「実績」そのものは残り続けます。一度でも延滞があると、

 

その人に対する「信用情報」は当然ながら低下する

 

ことになり、その後の返済は「失った信用を取り戻す」という意味も含まれることになります。そのため、既存の借入に対して滞納があった場合には、その滞納があった後は少なくとも1年以上は滞納せずに返済を続けているという状況を作り出す必要があります。

 

おまとめローンに申し込むのはその後ということになりますので、単純に利用開始から1年が経過しているからおまとめローンの審査が受けられるというわけではありません

 

こうした背景があることを考えれば、既存の借入をできるだけ早くまとめたいという気持ちもさることながら、じっくりと準備をしておくことも大切ということになります。おまとめローンの審査に通らなければそれも「良くない実績」にカウントされてしまいますので、焦って申し込むことのないようにしましょう。

 

おまとめローンの場合は厳しいのは当然でさらに条件の厳しい専業主婦 カードローンを利用できたとしてもできるだけ早く返済して債務を増やさないようにしなければなりません。