おまとめローン 審査

おまとめローンの審査で最も重要なのは「時期を選ぶこと」

おまとめローンを利用する場合、必ず「審査」というものに通過しなければなりません。ではこのおまとめローンの審査に通過するにはどうすれば良いかということなのですが、最も注意すべきなのは「おまとめローンに申し込む時期」です。

 

おまとめローンというのは、現在利用している借入をひとつにまとめるローンのことなので、おまとめローンの審査でも当然ながら「既存の借入」についての利用状況が確認されることになります。そのため、たとえば借入の利用を開始した直後にすぐおまとめローンの申し込みをしても

 

 

「実績」が確定されていないためおまとめローンの審査に通る可能性は極めて低いといえます。


少なくとも既存の借入に対しては1年以上の利用をしたうえでおまとめローンの利用を検討した方が望ましいといえるでしょう。同時に、もうひとつ注意したいのが既存の借入に対して滞納などがあった場合です。

 

消費者金融や銀行などでお金を借りた後、返済に滞納があれば「遅延損害金」が発生し、通常よりも多くのお金を支払う必要があります。ただし、この「遅延損害金」という考え方は「お金を払えば良い」というものではなく、「延滞した」という「実績」そのものは残り続けます。一度でも延滞があると、

 

 

その人に対する「信用情報」は当然ながら低下する


ことになり、その後の返済は「失った信用を取り戻す」という意味も含まれることになります。そのため、既存の借入に対して滞納があった場合には、その滞納があった後は少なくとも1年以上は滞納せずに返済を続けているという状況を作り出す必要があります。

 

おまとめローンに申し込むのはその後ということになりますので、単純に利用開始から1年が経過しているからおまとめローンの審査が受けられるというわけではありません

 

こうした背景があることを考えれば、既存の借入をできるだけ早くまとめたいという気持ちもさることながら、じっくりと準備をしておくことも大切ということになります。おまとめローンの審査に通らなければそれも「良くない実績」にカウントされてしまいますので、焦って申し込むことのないようにしましょう。

 

おまとめローンの場合は厳しいのは当然でさらに条件の厳しい専業主婦カードローンを利用できたとしてもできるだけ早く返済して債務を増やさないようにしなければなりません。

時期を見ている場合でない時は審査能力のあるカードローンで

時期を見てと言うことを連呼してしまいましたが、返済が追いつかなくなっている場合とかには時期を見ている間などありませんよね?そういった場合はやはり審査に通らなければまとめる事はできないので

 

 

審査能力の高い大手消費者金融でまとめるのが有効です。


大手消費者金融ならメガバンクの保証会社もする審査能力の高さですからおまとめの際もしっかり与信の審査をしてくれます。総量規制もおまとめローンは例外になるので範囲を超えて借りる事ができます。

金利だけでおまとめローンの利用先を選んではいけない理由

もちろん現在の金利よりおまとめローンをする事によって金利が下がれば得をする

おまとめローンは銀行をはじめ消費者金融など様々なところで利用することができますが、こうしたおまとめローンを申し込むうえでの判断基準となるのが「金利」です。金利でおまとめローンを利用する場合の基本的な考え方としては、

 

 

現在利用している業者よりも低い金利が適用される業者でまとめることができれば、トータルで支払う利息も少なくなるという点にあります。


 

そのため、できるだけ低い金利のところを優先的におまとめローンの利用先として申し込んでみようと考える人もたくさんいます。しかし、金利だけでおまとめローンの利用先を決めるのはやや短絡的かもしれません。

表示金利だけで選んでも適用される金利は審査の上で決定する

というのは、「金利」というものは基本的に「審査のうえで決定されるもの」だからです。インターネットにある資料などで適用される金利についての紹介がありますが、必ずしもその表示されている金利がおまとめローンで適用されるとは限りません。

 

 

その人の状況や借入の金額、返済実績などによって適用される金利は変動するものであり、結果として思ったよりも低金利が適用されなかったりといった可能性もあります。


 

また、消費者金融よりも銀行のフリーローンなどの方が低金利での利用が可能ですが、それでも初回の申し込みなどの場合にはそれほど低金利が適用されません。

返済額もおまとめローンで返済していくための重要なファクターとなる

こうした理由から、金利だけでおまとめローンの利用先を決めるのではなく、それ以外の部分も総合的に判断して決めると良いでしょう。たとえば返済方法や毎月の最低返済額は返済計画をたてるうえで重要なポイントとなります。

 

いくら低金利で利用できるからといって、返済方法が限定的なものしかなかったり、あるいは毎月の返済額が多くなるのではなかなか返済もスムーズには進みません。おまとめローンは、既存の借入に対しての借り換えでもあるので、「失敗しない」利用を心がける必要があります。

 

それだけに、金利だけで選ぶのではなくその業者のもつ性能を様々な面から確認したうえで最適な業者を選ぶと良いでしょう。学生が借入れた場合は多重債務になる可能性が低いのでおまとめローンのお世話になる事もありません。

金利だけでおまとめローンを選んでもいい場合

前述の事とは対照的に金利だけでおまとめローンを選んでもいい場合があります。それはおまとめローンとしてまとめる金額に対して十分な年収がある場合です。

 

おまとめローンとしてまとめる金額に対して十分な年収とはわかり辛いですが、総量規制で考えてみるとひとつの目安がわかってきます。総量規制とは貸金業者が個人に対して年収の1/3以上貸してはいけないという規制です。

 

銀行は総量規制の対象外ですが、銀行法という法律で規制されています。もともと個人に対する無担保ローンなどは銀行にはありませんでしたが、消費者金融などに審査を委託する(保証会社になってもらう)ことにより、個人与信貸付商品を開発してきました。

 

その銀行が低い金利の薄利で、貸金業者でも貸し出せない範囲の金額の貸付をするはずがありません。ましてやお上(金融庁)の言いつけをきっちり遵守する銀行ならなおさらです。ですが総量規制の範囲(年収の1/3以内)であれば、銀行も手放しとはいきませんが、

 

 

かなりの確立でおまとめローンの審査に通る可能性があります。


もちろん返済の遅延履歴があるなどのマイナス要素がない場合です。ですので、このような場合は、

 

 

  • しっかりまとめたときの金利を比較する
  • まとめたときの返済額を比較する

この二点に集中しておまとめローンを検討する事ができるでしょう。

低金利なおまとめローン可能な銀行カードローン
申込 100万円超200万円以下 200万円超300万円以下 300万円超400万円以下
三井住友銀行カードローン 年10.0%〜12.0% 年8.0%〜10.0% 年7.0%〜8.0%
三菱UFJ銀行カードローン 年9.6%〜年12.6% 年7.1%〜年9.6% 年6.1%〜年7.1%
静岡銀行カードローン セレカ 年12.0% 年9.0% 年7.0%

消費者金融でおまとめローンを組みたい場合

消費者金融でおまとめローンを組む際の注意点

消費者金融で借り換える際に注意しなければならないのが総量規制です。これは貸金業者に対する貸し出し制限に関する法律ですが、貸金業者が規制される事により消費者側も借りれないというスパイラルにはまる訳です。この総量規制がどう影響するかと言うと、

 

 

総量規制の対象借入が既存の貸金業者からの借入+希望する借入金額になるので200万円の借入をまとめようとすると、総量規制の対象借入は400万円となり、年収が1,200万円必要になってきてしまうのです。


総量規制の例外なら年収の1/3以上借りれる?

 

じゃ消費者金融でおまとめできる可能性ないじゃん?


と思われるかもしれませんが、総量規制は全ての貸付を年収の1/3までに収めるのではなく、本当にお金に困っている消費者の為の例外条項を設定しています。

 

 

おまとめローンの場合は”顧客に一方的有利となる借り換え”というのが当てはまり、この場合に貸金業者は年収の1/3以上貸すことができるのです。


消費者金融でおまとめローンを利用するメリット

 

そもそも消費者金融でおまとめローンを利用するメリットってあるの?金利が低い低金利銀行カードローンの方がいいんじゃないの?


いいところに気がつきましたね?おまとめローンの成功とは何か?もちろん現在の金利より低くなるとか、毎月の返済金額が低くなるとか様々な要素がありますが、

 

 

一番重要なのは審査に通って借り換えが成功する事なのです。審査に通らなくては金利が低くなることも、返済金額が低くなることもありません。


低金利な銀行カードローンは薄利な為、与信の低い方などのリスクの高い方への貸し出しはしません。もちろんそういった低金利カードローンの審査は大手消費者金融がになっています。

 

全てのリスクのない方のおまとめローンの審査を通していたら、大手消費者金融の顧客自体もなくなってしまいます。どのような方が大手消費者金融向きかは前の項を読んでください。

主婦の人でもおまとめローンで既存の借り換えを利用できる?

複数の借入をひとつにまとめることができるおまとめローンは、消費者金融業者をはじめ様々な金融機関で対応することが可能となっています。このおまとめローンについても、やはり通常のカードローンと同様にお金を借りて返済をしなおすという仕組みの関係から審査を受ける必要があります。

 

また、通常のカードローンと異なり融資を行う金額についても高額になる傾向にありますので、審査基準についてはやや厳しい場合がほとんどです。ちなみに、このおまとめローンについては主婦がお金を借りることも可能です。これについては、

 

 

既にカードローンを利用しているということが前提


 

なので、カードローンを利用することができる条件を満たした主婦であれば、という条件付きになります。そのため、たとえば配偶者の借入を主婦の名義で借り換えたりといったように、主婦本人が借入を利用していないカードローンに対しておまとめローンを利用することはできません。しかし専業主婦のカードローンとして利用するのは厳しいでしょう。

 

特に注意したいのが、カードローンの利用を開始した当時は仕事をしていて収入もある状態だったのが、その後仕事をやめて専業主婦になった場合です。カードローンの申し込み時点では「安定した収入」がある状態だったのでお金を借りることそのものは可能ですが、その後専業主婦になったからといってカードローンで借りた分を返済しなくても良いということにはなりません。

 

ただし、この状態で新しくカードローンが利用できるかといえば

 

 

現在本人には収入がありませんので利用することはかなり難しいといえます。


 

同じように、おまとめローンの利用についても一概に「不可能」とは言い切れないものの、利用するにあたっては少し複雑な手続きが必要になると思われます。おまとめローンのように借り換えの場合は通常のカードローンとは異なる仕組みでの借入が可能なので、消費者金融であっても利用できる可能性はあります。

 

しかし、いずれにしても本人に収入がない状態ではおまとめローンの使用は難しいものと考えておいた方が良いかもしれません。というよりも現実的に不可能といっても過言ではありません。特に大手の消費者金融においては総量規制の対象外である配偶者貸付についても取り扱いがないからです。同じく対象外であるおまとめローンについても専業主婦に貸付を行なうメリットがないからです。

 

専業主婦が申込可能なローンについては今のところ銀行カードローンしか方法がありませんが全ての銀行カードローンに申込めるわけではありませんので利用可能な銀行カードローンから選択することになります。

各社のおまとめローンの審査は?

住信SBIネット銀行の「MR.カードローン」でおまとめローンを利用するには?

住信SBIネット銀行の「MR.カードローン」は、低金利で高額の融資を受けることができるというのが主な特徴となっています。低い金利で借りることができるのは、MR.カードローンがネット銀行での融資だから、という点によるところが大きいのですが、高額の融資が可能なのも同様の理由が考えられます。

 

高額かつ低金利ということで、MR.カードローンを「おまとめローン」として利用したいと考える人も多く、特にMR.カードローンのプレミアムコースで適用される金利は年1.89%〜7.99%とかなりの低金利であることからおまとめローンにおいては申し分ない特長を持っているといえます。

 

では実際の利用はどうなのかといえば、少し事情が異なります。まず低金利であるという点が、審査基準の厳格化につながっています。MR.カードローンを展開する住信SBIネット銀行は、インターネット上に支店を置くネット銀行であり、顧客は直接「担当者」と顔を合わせて取引をするということがありません。

 

それ自体はインターネットの普及した現代ではそれほど珍しいことではないのですが、融資を行うということになるとそれほど単純なことでもありません。融資を申し込んできた人の情報は、

 

 

送られてくる書類データでのみ判断されることになりますので、同じ金額の融資を希望しても審査に通る場合と通らない場合とがあります。


 

ましてや住信SBIネット銀行のMR.カードローンは低金利での融資を行っていますので、その分審査基準についても厳しいものがあると考えておいた方が良いでしょう。さらに、「おまとめローン」の利用ともなれば

 

 

既にある程度の金額の借入がある状態でMR.カードローンに申し込むということでもあります。


 

送信した書面だけで判断されることを考えるとMR.カードローンをおまとめローンとして利用するのであれば使用目的として「既存の借り換え」であることを明言すること、そして必要最低限の金額で申し込むことが基本的な方法といえるでしょう。

 

大手銀行の三菱UFJ銀行カードローンで考える人は少ないようですが理由のひとつに低金利の設定である為に審査に通りにくいというイメージが定着しているからだと思います。

口コミ情報でおまとめローンを確認するための項目

おまとめローンを利用する場合、事前に口コミを確認するのは申し込み前の傾向を分析するという意味では非常に重要です。ただ、おまとめローンに「特化」した口コミというものはそれだけ抽出して探すというのが難しいのが現状です。

 

たとえばカードローン商品を取り扱っている業者の多くは、口コミ用の掲示板なども用意されており誰でも自由に閲覧することができるようになっていますが、こうしたところを確認してもその人が「おまとめローン」を利用したかどうかということについてはひとつひとつ読んでいかないとわかりません。

 

お金を借りることができた、審査に通ってよかった、○○万円借りられた、こういった情報は口コミでは比較的すぐに見つかりますが、ではそのお金はおまとめローンとして利用しているのか、それとも通常の借入なのかの判断が難しいところです。そこでおすすめなのは、おまとめローンの目的で口コミを探すのではなく、

 

 

実際に利用した人がいくら借入をしたのか、また即日融資だったのかどうかを調べてみると良いでしょう。


 

消費者金融の場合は総量規制の関係から年収の3分の1を上限とした融資を行っていますが、おまとめローンに関しては総量規制の対象外となりますので高額の融資が受けられます。

 

数十万単位ではなく数百万円単位での融資が可能だという人がいれば、その業者ではこうした高額融資の実績を持っているということになりますし、その人がもしも即日融資を受けていればスピーディーな対応が可能だということも確認できます。銀行の場合はもともと総量規制の対象ではありませんが、

 

 

それでも数百万円単位の融資は珍しいケースなので、口コミではこうした情報を見ておくと良いでしょう。


 

おまとめローンの利用でも審査を受ける必要がある関係から、できれば失敗せずに申し込みたいところです。

 

口コミはこうした準備に欠かせないものではありますが、情報収集ばかりに時間をとられてなかなか前へ進めないというのは違う話なので、効率的な情報収集を考えることも大切です。消費者金融のアコムおまとめローンを取扱っていますが銀行のおまとめローンとの違いについても把握しておくべきです。

銀行カードローンの審査に通りました

先日急にお金がいる事になったので銀行カードローンの審査を受ける事になりました。生まれて初めての銀行カードローンの審査だったので通るかどうかとても不安っだったんです。

 

私なそんなに収入があるわけでもありませんしフリーターなので銀行の審査に通るような資格があるとは思えません。消費者金融のカードローンならもしかしたらすぐに通ったかもしれません。申し込んでから数時間程待っているとメールで連絡が来ました。

 

審査に通ったという事を知らせるメールだったんです。私はまさか通ったなんて思わなかったので何度も確認しましたが運良く審査に通ったようでした。お陰ですぐにお金を口座に振り込んでもらう事が出来たんですよ。お金を借りられたので約束通り支払いが出来ました。

 

銀行でおまとめローンがしにくくなった理由はこちらから⇒おまとめローンおすすめランキング全銀協

おまとめローンの審査を受けた体験談

カードローンの借り換えもできない状況

 

二年程前、生後半年ぐらいから二歳ぐらいまで上の女の子はおとなしかったのに、5歳違いの男の子はとても泣き癖がひどくてどこでも泣き始めてしまい、おまけにぐずりだし私はいつも周りの人に謝りっぱはしで子供が憎らしくさえ思われてしかたありませんでした。

 

旦那の事業も上手くいかず、資金が回らない時にもカードローン審査が自営業だから通らずと、旦那の機嫌が悪いので両方から挟み撃ち状態です。

 

この子は何処かに疾患でもあるんじゃないかと病院で先生にも相談しましたが特に悪い所は見つからないと言われ、私のあやし方が悪いんじゃないかなと軽いノイローゼ状態に時々なりました。

 

泣きとぐずりが始まって半年程経った頃に主人につむじの近くに二か所のハゲみたいなのが出来ているといわれ調べたら円形脱毛症のようになってしまっていました。

 

その時、こともあろうか突然主人に笑いだされてしまい物凄く腹が立ち大ゲンカになってしまいその後三日間夫のすべての世話を放棄させてもらいました。検討していたカードローン 借り換えの件に関しても無視しました、定期健診で病院へ行く時にバスの中で突然大声で泣き始めてしまいもう勘弁してよと私まで半泣き状態でした。

 

本当に偶然なんですがたまたま横の人の携帯のアプリ映像に目が入ったらしく2.3秒ほど泣き止んでくれたのでこれだと思いバスを降りるまで自分の携帯のアプリ画面を見続けさせたら全然これまでがウソの様におとなしくなり医師に聞いた所長時間でなければOK という事だったのでホッとしました。円形のハゲっぽい感じも最近は無くなってきたのでちょっと安心しています。


レイクALSAのおめとめローンでお金を調達

 

私の旦那さんはすごくお肉が大好きです。でも、日頃はやはりお肉は高いので、そんなに量が購入ができません。そして、焼き肉をするのも、1年に何度かという事もあり、旦那さんは結構焼き肉が食べたいとぼやいています。

 

なので、これから焼き肉をちゃんと用意してあげようと思います。日頃、お仕事で頑張っている旦那さんに、たくさん焼き肉を食べてもらおうと思うのです。焼き肉を食べて、元気になってもらいたいです。

 

お肉を食べる事で、疲れもとれます。やはり栄養をしっかりと取らないと、元気も出ません。でも、やはり焼き肉の値段を見ると、購入をするには勇気が必要です。友達にそれを話すと通販で焼き肉のお肉が購入できる事を教えてもらいました。

 

肉の通販は、どんなものなのかと考えていたのですが、思ったよりもいいお肉が売られていて、これだったらたくさんお肉が購入できそうです。美味しい良いお肉を用意できればいいと思っているので先日レイクALSAのおめとめローンでお金を借りました。


カードローンの借り換え審査には及びませんでした

 

大きな家電の買い替えはマッサージ器です。むかーし、昔のマッサージ器が家にありました。もみ玉を手で動かして使う直角のマッサージ器です。古い銭湯などに1回10円くらいで使えるものが長く家にありました。

 

これは、これで本当に凝った場所へ肩を持っていくと相当な痛みを伴うのですが結構効きます。しかしこのマッサージ器を使用しながらウトウトと居眠りを出来るようなものではありません。

 

家電売り場で上等なマッサージ器でいつか使用しながら昼寝をしたいと夢見ていました。1.2年は購入するのを迷いました。次から次へと新しいものも出てくる中でこれだっというのをなかなか見極められずにいたのです。そうしてとうとう購入しました。

 

約40万円程の物を買いました。銀行カードローンの即日審査の申込みまでには及びませんでしたが定期預金を解約しました。念願のマッサージをしながらのお昼寝も今では日課になっています。ほんと毎日が極楽です。

 

しいて言えば、冬場は少し寒いのでヒーター付きの物にすればよかったと思っています。今は膝掛けてがまんしてます。


銀行カードローンの借り換えによる負担

 

ネットオークションでの買い物が多いです。それまでは,ネットショッピングサイトでクレジットカード払いでの購入が多かったのですが,ネットオークションの方が同じものを安く買える場合があり,ネットショッピングよりネットオークションを利用するようになりました。その際の支払いは振り込みで支払うことが多いです。

 

その度に手数料がかかります。これでは,オークションで安く購入するメリットがありません。また,毎月の家賃の支払いも振込ですので手数料がかかってしまいます。そんな時,新生銀行の事を知りました。

 

新生銀行は振込手数料がキャッシュバックされるため,実質手数料はゼロです。その上,24時間365日提携ATM利用手数料もかかりません。そのため,これまでかかっていた無駄な費用がかからなくなりました。

 

当初は,ネットバンキングはセキュリティの面で不安がありました。そこで,初めのうちは,その都度使う分だけ入金して利用しておりました。数年利用しておりますが,トラブルは1度もありません。

 

セキュリティ面は安全です。また,資産運用もインターネットなら少額から行えます。窓口に足を運ぶこともないのでとても便利です。少しの金額でも,有効に活用できす。またネット銀行カードローンで借り換えは低金利のところが多いので返済の負担も軽減できます。


りそな銀行カードローンの申し込みはすごく簡単

 

先日どうしても欲しいものがあったので、カードローンを組むことにしました。どこの銀行のカードローンにしようかと迷っていたのですが、給与振込口座がりそな銀行ということで、りそな銀行カードローンを利用してみることにしました。

 

申込みはすごく簡単でびっくりしました。銀行にわざわざ行かなくてもネットから申し込みができちゃうんです。私は電車の中でスマホを利用して申込みしちゃいました。審査がありましたがすぐ結果はわかり、無事カードローンを組むことが出来ました。

 

欲しかったものもゲット出来て大満足です。今返済している最中ですが、月々無理のない範囲で返しているので、負担に思う事は全くありません。カードローンってもっと利率が高いと思って敬遠していたのですが、そうでもないんですね。また機会があったら利用したいと思っています。


銀行のカードローンの融資可能な金額はおまとめローンでは違う

 

それでいて融資可能な金額については最大で800万円まで借りることができますので、ネット銀行といえど通常の銀行のカードローンに決してひけをとらないといえるでしょう。

 

もちろん最短で申し込んだその日のうちに融資を受けることができるスピーディーな審査や、既存の借入分をまとめることが可能な「おまとめローン」への対応など、各銀行のカードローンと同様のサービスを受けることができます。

 

このように、「じぶん銀行」のカードローンには様々なメリットがありますが、難点といえるのが「じぶんローン」を利用するにあたり、じぶん銀行内に口座を作る必要があるという点にあります。

 

そのため、申し込み段階でじぶん銀行内に口座を持っていない人の場合は同時に口座開設をする必要があるため、融資を受けられるようになるまでに若干の時間を必要とします。

 

逆に既にじぶん銀行に口座を持っている人や、auの携帯電話やKDDIのプロバイダーを利用している人などは、じぶん銀行に口座を作る価値が高いといえますので、この機会に申し込んでおいて損はないでしょう。


page top